よんよん、すみるのふ


by kyeth
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

心霊探偵八雲 1~3

いや、ふつーの探偵ものですよ。
探偵が普通じゃないだけで。
幽霊に「犯人は誰だ」と聞くわけじゃないし。

アメリカ映画でよくあるように、
ニヒルな主人公に、口煩くてトラブルメーカーのヒロイン、
使いっぱしりの警察官、そして連続殺人。


あ、エンターティメントな本って事ですな。

するする読めます。




ツンデレ×ツンデレ
[PR]
by kyeth | 2007-10-12 20:06 |

零崎軋識の人間ノック

14歳の少女に仕える、27歳の殺人鬼の話。
いや、…殺人鬼は少女に仕えてないな。

とりあえず、少女好きな殺人鬼たちが、右往左往する話。

戯言を読んでいないと、詰まんないと思う。
つか、人間ノックを読んだら、戯言が読み返したくなる。




双識の1日100メール。
軋騎の人間椅子。
[PR]
by kyeth | 2007-10-11 14:34 |

トリプルプレイ助悪郎

小説家が主人公の、怪盗物。
怪盗トリプルプレイ助悪郎とは、刑部山茶花の事である。
小説家が怪盗ではない。

日本探偵倶楽部、特別知能犯罪部の海藤幼志が、海藤であることは分かっていた。
基本だからね。
髑髏畑百足の最後の作品は、髑髏畑二葉だと思っていたのは誤解だった。
館の主人が生きてるっぽいのも、基本と言えば基本だよね。

やられたのは、二葉のトリック。
一葉が二葉の事を異様に嫌うのもそのトリックの一つだと気付かなかった。






二葉の小説、一葉曰く、
「あれのあれは、小説じゃないでしょう」
「あれを評価する人間が信じられない」

いやー、話題作りとかではいいんじゃないか?
天才っぽいし。
[PR]
by kyeth | 2007-10-05 17:19 |

ダブルダウン勘繰郎

「探偵を志すもの」と、
「探偵を志したもの」と、
「探偵に絶望したもの」の話。

初めから、宇田川樒が探偵であることは分かってたが、
虚野勘繰郎が、勘繰郎チャンである意味が分からない。
それが何に役立っているのか分からない。
私がバカだからか?
宇田川樒が、椎塚鳥籠の顔を知らないのもちょっと気になる。




化物語並みに改行すれば、
倍の厚さになるのになぁ。
[PR]
by kyeth | 2007-10-05 00:38 |

古本にありがちな事 2

作者のサインが入っている。


つか、ミカさんが出品した本(ロードス)、
発送する段階になって「落書き」に気づいた。

××様へ
水野良
日付~

本物か?



検索した。
サイン集めまくってる人のとこで、水野良のサイン見た。

うーん。
書き方、はね方、形…。



本物ですな。





そういや私も、サイン入り本落札したな。
「サイン入り」と書いてなかったけど、得した気分になったわ。
[PR]
by kyeth | 2007-10-04 07:34 |
アラベスク 2
逃亡日記
ダブルダウン勘繰郎
トリプルプレイ助悪郎
零崎軋識の人間ノック
[PR]
by kyeth | 2007-10-04 07:06 |

アラベスク 1

朝日ソノラマ、愛蔵版

リアルタイムでは読んだ記憶が無きにしも非ずだけど、
まとめて読んだのは初めて。

強敵(ライバル)と書いて「友」と呼ぶ。
そんな感じ。

バレエ漫画としては、同じ作者の「テレプシコーラ」も読んでますが、
比べて、こっち(アラベスク)は悲壮感があまりないですな。

曽田正人の「昴」みたいに、途中で逃げ出し、
でも、踊りは忘れられない。
そう言うのも、こっち(アラベスク)が、基本と言えば基本。



才能は、努力を餌に成長する。
[PR]
by kyeth | 2007-10-02 04:19 |

古本にありがちな事

古本屋で本を買うと、ままあること。
それは、本の間に、いろいろ挟まってる事。

 米粒、チョコ、せんべい・スナックのかけら等の食べこぼし食品類
 毛
 鼻●
 図書券(500円)
 テレフォンカード等、プリペイドカード
 手作りしおり、木の葉、切り紙、付箋、箸袋
 その他、メモ(レート表とか、TRPG記録とか、日々の日記とか)
 恋文、ハガキ(絵葉書、年賀状、暑中見舞い、喪中等)
 写真…



本日は、写真のご案内です。
どうやら、売り主は自衛隊の方のようで、
黒いリード線を「何か」に繋いでいるところを激写されています。
そしてそれが、丁寧に人物に沿って切り抜かれているのです。

…「ナニカ」ガ、スゴク、キニナリマス





それから、本を処分する時には、とりあえず、中をチェックすることをお勧めします。
学校の先生が、贈呈された本を処分する時は、
きちんと「○○先生へ」を消した方が無難ですよ。
ついでに、暑中見舞いまで入っていては、目も当てられませんし。




最後に、本を下に敷いて、物を書くのはやめましょう。
ボールペンの跡から、貴方の個人情報が駄々漏れです。

ローンの残金とか、夕食の内容とか…。
[PR]
by kyeth | 2007-10-01 10:52 | 日常